動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 原因

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化とは?

動脈は、体のあらゆるところに、酸素や栄養などを運んでいます。 栄養や酸素が不足したり、血液の脂質(コレステロールなど)がたまったり、高血圧によって血管に負担がかかっていたり、動脈の細胞が新しく生成されなくなったりして、動脈に弾力性がなくなり、硬くて壊れやすくなります。 また、動脈にコレストロールなどがたまり(プラーク)、その表面が破れると、血栓(血管の中で、血液が固まる)ができて、血管を詰まらせてしまいます。 このように、動脈壁が厚くなったり、動脈が硬くなったりして、血液の流れる部分が狭くなり、血液がスムーズに流れなくなる状態を、「動脈硬化」と言います。 また、動脈硬化が原因で、さまざまな症状が身体に現れることを、「動脈硬化症」と言います。 動脈硬化には、3種類あります。 「アテローム(粥状)動脈硬化」は、比較的太い動脈(脳動脈、大動脈、冠動脈など)に発生する動脈硬化のことです。 コレステロールなどの脂肪でできた、ドロドロの粥状物質が、動脈内膜に溜まることで、アテローム(粥状硬化巣)ができます。 そして、徐々に、それが厚くなって、動脈の内腔を狭くしていきます。 アテローム動脈硬化は、患者数が圧倒的に多く、コレステロールと深く関わっています。 「細動脈硬化」は、細い動脈(脳、目の網膜、腎臓)などが硬くなって、ふさがってしまったり、血管壁が全体的に破裂し、出血を起こしたりします。 長期間、高血圧が続いている場合に、起こる傾向があるようです。 「メンケルベルグ型(中膜)硬化」は、動脈の中膜にカルシウム(石灰質)が溜まり、硬くなったり、もろくなったりします。 また、血管の壁が破れることもあります。 下肢や頚部の動脈、大動脈に発生しやすい動脈硬化です。
スポンサーサイト

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化のさまざまな要因

動脈硬化となる要因は、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満、ストレスなどです。

どうして、体内で動脈硬化が起こるかは、まだはっきりと分かっていませんが、
動脈硬化は、10代からすでに始まって、それが進行して、40歳を超える頃にさまざまな症状が現れます。

原因はひとつではなく、食事、運動、などさまざまな生活習慣が関連して起こるものです。

動脈硬化は、誰でも加齢とともに、起こる可能性のあるものなのです。

高血圧の人は、絶えず動脈壁に高い圧力がかかっているので、内膜が傷ついてしまいます。

それはホースから水が流れているときにホースの口を細めると水が勢い良く飛び出すのと似ています。
ホース内部に強い圧力が加わるのです。
ホースが傷ついたり敗れる原因になりますね。血管も同じです。

傷ついたり、治ったりを繰り返すことで、そこに脂肪が溜まりやすくなります。

 血中コレステロールが高いことは、「粥状動脈硬化」の最大危険因子となります。

 血管内膜に、「LDL(悪玉)コレステロール」が過剰に溜まり、酸化されます。

そして、「アテローム(粥腫)」を発生させます。

アテロームとは、脂肪物質が、血管壁の中に厚く溜まって、“おかゆ”のようなドロドロ状態になったものです。

アテロームが、どんどん厚くなると、血栓ができて、血管が詰まってしまうのです。

高中性脂肪(トリグリセライド)血症の人は、動脈硬化を予防してくれる「HDL(善玉)コレステロール」の値が低いです。

また、 尿酸値が高かったり、肥満や糖尿病を合併させたりします。

つまり、動脈硬化となる危険因子が備わっているのです。

糖尿病の人には、中性脂肪や、血中コレステロールの値が高めの人が多く、HDLコレステロールを減少させる場合があります。

また、糖尿病は、血糖値が高いことから、血液の粘度が高くなり、血栓を起こしやすくなるなど、多くの因子をもった恐ろしい病気なのです。

糖尿病に効果がある温泉

高血圧・動脈硬化に効果がある温泉


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。