動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 食事

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化を防ぐ!かんたん健康料理

動脈硬化の予防と改善に、食事の管理は大切です。

そんな食事管理に頼りになる書籍を紹介します。



スポンサーサイト

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

魚と肉はバランスよく

魚と肉はバランスよく

動脈硬化の予防や改善に食生活の見直しは大事です。

肉がいいか、魚がいいか、という議論はよく聞きますね。

結論から言うと、どちらもバランスよく、ということになります。

つまり、両者の特徴をよく理解した上で、
上手に適量を食べることが大事なのです。

魚と肉は、同じ動物性食品です。しかし、どちらも特徴があります。

かつお100gと豚肩肉100gを比べると、かつおはたんぱく質を豚肉の2倍近く含み、
反対に、豚肉は脂肪をかつおの10倍以上も含んでいます。

しかも、肉の脂肪はコレステロールを作りやすくしますが、
魚の脂肪はコレステロールを下げる作用があり、動脈硬化の予防になるのです。

豚肉は、脂肪やコレステロールも少なく、ビタミンB1をとても多く含んでいます。
ビタミンB1は、疲労回復を助けてくれます。

ただ、肉を食べ過ぎてはいけません。
毎日、脂肪分の多い肉を食べていては、肥満や高脂血症を起こしやすくなります。
脂肪が動脈に溜まって、血管を詰まらせ、心筋梗塞になる危険性もあります。


魚ばかり食べるのもよくありません。
EPAやDHAを過剰に摂取することになります。

そうすると、強く血小板凝集抑制作用を起こし、出血しやすくなる場合があります。

魚と肉を食べる比率は、1対1が理想的だと言われています。

それを基本として、コレステロール値の高い人は魚を多めに食べ、
コレステロール値の低い人は肉類を多めに食べるようにすると良いです。

また、魚も肉も、さまざまな種類をバランス良く食べるようにしましょう。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化を予防するには血糖値を抑えること

動脈硬化を予防するには血糖値を抑えること


動脈硬化を予防するには、食生活を改善することが大事です。

特に、血糖値が高くなり過ぎないようにする食事管理が必要です。

血糖値が高いと、動脈硬化を引き起こす危険性が高くなるからです。

日常の食生活において、血糖値が上昇するのを抑えることができます。

食物繊維、特に水溶性食物繊維は、糖質が吸収されるのを抑えるので、血糖値が上昇しにくくなります。

そのため、海藻類、きのこ、根菜、こんにゃくなどの、
食物繊維を多く含む食品を積極的に食べましょう。

特に、寒天は、ほとんどカロリーがなく、食物繊維を豊富に含み、
満腹感も得られ、さらに血糖値の上昇を抑えるので、とてもおすすめの食品です。

トマトは「クエン酸」を含み、それが血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。トマトジュースでもかまいません。

また、クエン酸は、酢や柑橘類などにも含まれているので、料理に使用すると良いです。

山芋、オクラ、なめこ、納豆などの、ネバネバの食品には、「ムチン」が含まれています。
ムチンは、胃腸で糖質が吸収されるのを抑え、血糖値の上昇を抑えてくれます。

タマネギに含まれる「硫化プロピル」は、生の状態では、血中糖分の代謝を助ける働きがあります。
小さく切ると、細胞を破壊して酸化し、成分が変わってしまうので、大きめの縦切りにすると効果的です。また、水に長時間さらしていると、成分が流れ出てしまいます。

納豆には、ムチン、大豆サポニン、イソフラボンが含まれており、それらは血糖値の上昇を抑えることがわかっています。

その他にも、バナナ、舞茸、ゴーヤー、グアバなど、さまざまな食品が話題となっています。
ただ、ここに挙げた食品だけを、大量に摂取すれば良い、というわけではありません。
毎日の食生活において、いろいろな栄養素を、バランス良く摂ることを忘れないでください。
そして、適度な運動をしたり、ストレスを解消したり、生活習慣を見直すことも大切です。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化を防ぐ食事は魚と肉を半々に

動脈硬化の予防するのにコレステロールの値を適正に維持することが大事です。

そのために、特に肉と魚の摂り方のバランスが、1:1が好ましいようです。

魚と肉は、同じ動物性食品ですが、大きな違いがあります。

かつお100gと豚肩肉100gを比べると、かつおはたんぱく質を豚肉の2倍近く含み、反対に、豚肉は脂肪をかつおの10倍以上も含んでいます。

しかも、肉の脂肪はコレステロールを作りやすくしますが、 魚の脂肪はコレステロールを下げる作用があり、動脈硬化の予防になります。

しかし、肉は、健康に悪いわけではありません。

肉には、良質のたんぱく質が豊富に含まれ、鉄分やビタミンB2なども含んでいます。 スタミナをつけるには、肉はなくてはならない存在なのです。

特に豚肉は、脂肪やコレステロールも少なく、ビタミンB1をとても多く含んでいます。 ビタミンB1は、疲労回復を助けてくれます。

ただ、肉を食べ過ぎてはいけません。

毎日、脂肪分の多い肉を食べていては、肥満や高脂血症を起こしやすくなってしまいます。 脂肪が動脈に溜まって、血管を詰まらせ、心筋梗塞になる危険性もあります。 バランス良く魚と肉を食べるように心がけましょう。

魚も肉も、アミノ酸化の差はほとんどなく、たんぱく源としてはどちらも変わりません。 しかし、他の栄養に関しては、多くの違いがあります。

例えば、魚ばかり食べていると、EPAやDHAを過剰に摂取することになります。

そうすると、強く血小板凝集抑制作用を起こし、出血しやすくなる場合があります。

魚と肉を食べる比率は、1対1が理想的だと言われています。

それを基本として、コレステロール値の高い人は魚を多めに食べ、コレステロール値の低い人は肉類を多めに食べるようにすると良いです。

また、魚も肉も、さまざまな種類をバランス良く食べるようにしましょう。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化の原因は外食の塩分

食生活が豊かになるとともに外食や惣菜・弁当なども手軽でおいしいものがほんとに多くなりました。 でも、要注意。外食や惣菜は多くの人の味覚に「おいしい」と感じてもらうため、ちょっぴり濃いめの味付けになっています。 つまり、スーパーやコンビニなどで惣菜を買ってきたり、外食を繰り返したりすると、塩分の摂り過ぎになってしまうのです。 塩分の摂り過ぎは、高血圧となり、動脈硬化の原因となります。 自炊すれば、作る段階で塩分を控えることができますが、外食などの場合は、食べる際に、塩分を摂り過ぎないよいに工夫しましょう。 よく好んで食べるメニューに含まれる塩分を、カロリーブックなどで、事前に調べて頭の中に入れておきましょう。 1日どれくらい塩分を摂ったかを確認して、昼食に摂り過ぎていれば、夜食は控えるようにするなど、自分で管理しましょう。 積極的に、野菜や果物、海藻類を食べましょう。 これらには、カリウムを豊富に含んでおり、体内の余分な塩分を、体外へ排出してくれる働きがあります。 惣菜などを買ってきた場合、揚げ物に野菜を添えたり、果物をプラスしたりして、栄養バランスを考えましょう。 うどんやそば、ラーメンなどの麺類の汁を飲み干すと、塩分の摂り過ぎになってしまうので、汁は残しましょう。 どうしても飲みたい人は、わかめや野菜がたっぷり入ったメニューを選ぶようにしましょう。 アルコールを飲むときにも、注意が必要です。 お酒、特にビールは、塩分や油の多いものと相性がとても良いです。 塩分を気にしている人は、飲み過ぎないよう心がけましょう。 惣菜やお弁当に添付されているソースやしょうゆなどは、できるだけ使わないようにしましょう。 塩の代わりに、レモンやゆず、すだちなどを絞れば、香りと酸味が効いて、塩分が少なくても、おいしく食べられますよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。