動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

コレステロールと動脈硬化

コレステロール・・・というと体に悪いもの、というイメージがありますね。

しかし、実は、コレステロールには体内で代謝の違う、対照的な2つのタイプのコレステロールがあるのです。

それは 「善玉コレステロール」のHDLコレステロールと、
「悪玉コレステロール」のLDLコレステロールです。


「HDLコレステロール」の摂取が少ないと、動脈硬化になる可能性が高まります。


「HDL」とは「高比重リポタンパク(High density lipoprotein)」、「LDL」とは「低比重リポタンパク(Low Density Lipoprotein)」の略称です。

 コレステロールは脂肪で、油と水とが混ざらないのと同じように、そのままでは血液と混ざり合うことがありません。

 コレステロールが、血流に乗せられて、末端の組織まで移動することができるのは、「リポたんぱく」というリン脂質やたんぱく質に包まれている球状の物質に、変えられるからです。

 「リポたんぱく」は、比重や大きさによって、4つの種類に分けられます。

その中で、小さくて比重が大きいのが「HDL」で、比重が小さいのが「LDL」です。

 コレステロールを過剰に摂取して、血液中で飽和状態が続くと、LDLコレステロールは動脈の中に溜まってしまいます。

 そして、その状態が続くと、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞を発症する危険性が高まるのです。

一方、HDLコレステロールは、血液中で飽和状態になっているコレステロールを集めたものです。
これは、肝臓に運ばれて、動脈硬化を予防します。

このようなことから、体に悪影響を与えるLDLコレステロールは「悪玉」と呼ばれ、
それとは逆に、血管に良い働きをするHDLコレステロールは「善玉」と呼ばれているのです。

また、HDLコレステロールが少なくなると、動脈硬化を引き起こす危険性が高まるので、いかにこれを多く摂取するかということは、生活習慣病を防ぐための重要な課題となります。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。