動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化を予防するには血糖値を抑えること

動脈硬化を予防するには血糖値を抑えること


動脈硬化を予防するには、食生活を改善することが大事です。

特に、血糖値が高くなり過ぎないようにする食事管理が必要です。

血糖値が高いと、動脈硬化を引き起こす危険性が高くなるからです。

日常の食生活において、血糖値が上昇するのを抑えることができます。

食物繊維、特に水溶性食物繊維は、糖質が吸収されるのを抑えるので、血糖値が上昇しにくくなります。

そのため、海藻類、きのこ、根菜、こんにゃくなどの、
食物繊維を多く含む食品を積極的に食べましょう。

特に、寒天は、ほとんどカロリーがなく、食物繊維を豊富に含み、
満腹感も得られ、さらに血糖値の上昇を抑えるので、とてもおすすめの食品です。

トマトは「クエン酸」を含み、それが血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。トマトジュースでもかまいません。

また、クエン酸は、酢や柑橘類などにも含まれているので、料理に使用すると良いです。

山芋、オクラ、なめこ、納豆などの、ネバネバの食品には、「ムチン」が含まれています。
ムチンは、胃腸で糖質が吸収されるのを抑え、血糖値の上昇を抑えてくれます。

タマネギに含まれる「硫化プロピル」は、生の状態では、血中糖分の代謝を助ける働きがあります。
小さく切ると、細胞を破壊して酸化し、成分が変わってしまうので、大きめの縦切りにすると効果的です。また、水に長時間さらしていると、成分が流れ出てしまいます。

納豆には、ムチン、大豆サポニン、イソフラボンが含まれており、それらは血糖値の上昇を抑えることがわかっています。

その他にも、バナナ、舞茸、ゴーヤー、グアバなど、さまざまな食品が話題となっています。
ただ、ここに挙げた食品だけを、大量に摂取すれば良い、というわけではありません。
毎日の食生活において、いろいろな栄養素を、バランス良く摂ることを忘れないでください。
そして、適度な運動をしたり、ストレスを解消したり、生活習慣を見直すことも大切です。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。