動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > コレステロールの役割

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 コレステロール > コレステロールの役割

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

コレステロールの役割

動脈硬化の原因にコレステロールが多すぎる、ということがあげられます。

食事から摂取するコレステロール1日分の量は、500~600mgが適正だと言われています。

卵1個分にはコレステロールが約250~300mg含まれているので、卵だけで考えると、2個で1日分の摂取量になります。

 また、コレステロールは、食事によって摂取する以外にも、1日当たり1500~2000mgが体内で生産されています。

コレステロールは、肝臓などで生産され、ホルモンや細胞膜の成分として働いています。

コレステロールが多すぎると、「動脈硬化」を引き起こす原因となりますが、逆に、コレステロールが足りないと、血管細胞膜や赤血球に悪影響を与えやすくなります。

 コレステロールは、老化や炎症によって生じた、血管内皮細胞のすき間に引っ付き、異物が血管壁内に入ってこないようにします。

コレステロールによるこの働きが不足すると、血管壁に障害を受けやすくなるのです。

 つまり、コレステロールを極端に摂取しないと、さまざまな問題が起きてくるのです。


動脈硬化や高血圧症の予防・改善にコレステロールに気をつけた食生活をすることは大事ですが、やみくもに減らせばよい、というわけではないのですね。
スポンサーサイト

<<メタボリック・シンドロームと動脈硬化動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!網膜動脈閉塞症の予防と治療>>

<<メタボリック・シンドロームと動脈硬化動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!網膜動脈閉塞症の予防と治療>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。