動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > 動脈硬化が誘発する網膜動脈閉塞症の症状

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 関連疾患 > 動脈硬化が誘発する網膜動脈閉塞症の症状

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化が誘発する網膜動脈閉塞症の症状

動脈硬化が誘発する眼の病気に網膜動脈閉塞症があります。

網膜動脈閉塞症は、どの部分で血管が閉塞したかによって、症状が異なります。

☆網膜中心動脈閉塞症

網膜の動脈は、眼球の後ろにある視神経内を通って、視神経乳頭で枝分かれし、網膜の全体に広がります。

その枝分かれする以前の、より心臓に近い動脈のことを「網膜中心動脈」といいます。

網膜中心動脈が詰まってしまうと、網膜全体に血液が供給されない虚血状態に陥ることになります。

 網膜細胞は、光を感知することができなくなり、視力が急激に低下します。

☆網膜動脈分枝閉塞症

 この場合は、網膜動脈の枝部分が詰まります。

血管が閉塞した部分から先にある網膜だけ、血液の供給が止まるので、他の網膜は、通常に機能します。

自覚できる症状は、虚血が起こっている部位の視野が欠損します。

たとえば、網膜の上半分が障害されている場合は、視野の下半分がさえぎられることになります。

視力は、正常に黄斑が働いていれば低下しません。

そのため、視力は悪くないのに、足元が常に見えない、という状態になることがあります。

ただ、黄斑の血流を司る血管まで閉塞してしまうと、極度に視力が低下します。


網膜中心動脈閉塞と網膜動脈分枝閉塞は、ほぼ半分の比率で発症します。

これ以外にも、「毛様網膜動脈閉塞症」がありますが、いずれの場合でも、発症するまで、たいてい自覚症状はなく、視力の低下や視野の欠損が突然起きます。

また、時には、発症する前に、瞬間的な網膜の虚血により、「一過性黒内障」という目の前が数秒間だけ暗く感じる症状や、目の奥が痛んだり軽い頭痛を感じたりすることもあります。
スポンサーサイト

<<いいことずくめのにんじんレシピ-動脈硬化、高血圧、がん予防にいい!動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆心筋梗塞>>

<<いいことずくめのにんじんレシピ-動脈硬化、高血圧、がん予防にいい!動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆心筋梗塞>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。