動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > 動脈硬化の食事療法

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 食事 > 動脈硬化の食事療法

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化の食事療法

動脈硬化にならないようにするには、「食事療法」が一番良い方法だと言われています。

まず、1日の摂取カロリーに注意を払い、食べ過ぎないように、腹八分目を心がけましょう。

肥満は、動脈硬化の危険因子となるだけでなく、糖尿病、高血圧、高脂血症のような、危険な病気を引き起こすこともあります。

そのため、肥満傾向の人は、まずダイエットの必要があります。

1日の摂取カロリーは、標準体重1kg当り、男性では30kcal、女性では25kcalとなっています。

標準体重を計算する方法は、たくさんありますが、自分の身長から100を引いた値に、0.9をかけて求められた値が、だいたいの目安となります。

ぜひあなたの標準体重を計算してみてくださいね。

ダイエットは食事療法と合わせて運動をすることが大事です。

手軽に室内でも継続できるダイエットエクササイズが良いでしょう。

また、動脈硬化のなかでも、「粥状動脈硬化」の場合は、コレステロールと深く関わっています。

 だから、多くコレステロールを含んでいる食品(タラコやイクラ、牛・豚・鶏のレバーや内臓の肉、鶏卵、バターなどの乳製品、ケーキなど)を、食べ過ぎないようにしましょう。

中でも、バター、生クリーム、肉の脂身には、動脈硬化を促進させる「飽和脂肪酸」が多く含まれています。

多く脂身を含む肉など、動物性脂肪は食べ過ぎないように注意してください。

高血圧を改善する食事レシピ

それに対して、魚の脂肪や植物性の油には、多くの「不飽和脂肪酸」が含まれています。

これは、動脈硬化を予防する作用があります。 ただ、不飽和脂肪酸だけを取り過ぎることは、体に悪影響を与えます。



バランスよい食生活が大事なのです。
スポンサーサイト

<<動脈硬化が誘発する合併症☆心筋梗塞動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が狭心症を誘発する>>

<<動脈硬化が誘発する合併症☆心筋梗塞動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が狭心症を誘発する>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。