動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > 動脈硬化が誘発する合併症☆脳血管性痴呆

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 関連疾患 > 動脈硬化が誘発する合併症☆脳血管性痴呆

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化が誘発する合併症☆脳血管性痴呆

動脈硬化が誘発する合併症☆脳血管性痴呆

動脈硬化や高血圧があると、脳の太い血管や細い血管が詰まることによって神経系への血流が低下し、神経細胞やそこから出る線維が壊れます。

そのため、脳のあちこちに小さな梗塞(ラクナ梗塞)が起こることがあります。

そこで脳のはたらきが悪くなって痴呆症が生じるのです。

それ以外にも血管が破れて起こる脳出血の後遺症として、痴呆になることもあります。

また、脳の海馬や視床といった記憶に関係した特定の部位の血管が損なわれて起こることもあります。


このようなケースを脳血管性痴呆といい、アルツハイマー型痴呆と区別しています。

動脈硬化、高血圧、糖尿病、高脂血症や血液が凝固しやすい人、ストレスのある人によく起こります。

脳血管性痴呆の症状は、初期は人格が保たれ、“まだら痴呆”と呼ばれるように、まだらに症状がでてきます。

正常のところも残るわけです。軽いうちは常識は保たれます。

しかし、感情の揺れは激しく(感情失禁、すぐに泣いたり怒ったりします。
片麻痺、歩行の障害、動作の遅さ、発音の不明瞭などの症状をしばしば伴います。

進行すると言葉も発せず、飲み込みも出来ず、寝たきり状態になります。

こうなる前に、動脈硬化の予防、改善をしましょう。

生活習慣、食習慣など、日常生活のちょっとした改善の継続が、大きな効果を生みます。
スポンサーサイト

<<動脈硬化が狭心症を誘発する動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆一過性脳虚血発作>>

<<動脈硬化が狭心症を誘発する動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆一過性脳虚血発作>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。