動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > 動脈硬化が狭心症を誘発する

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 関連疾患 > 動脈硬化が狭心症を誘発する

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化が狭心症を誘発する

動脈硬化が狭心症を誘発する


心臓の冠動脈に動脈硬化が起こり、心臓に供給する血液が十分に流れなくなると、胸が締め付けられるように痛くなります。

これが狭心症の発作です。

心臓が活発に動いて心筋が多くの血液を必要とする運動時に多く発症します。

例えば、坂道や階段を上がったり、急いで歩いたりした時に突然ひどい胸痛になる、ということです。

しかし、安静にして休むと症状が治まるのも狭心症発作の特徴です。

数分から10分程で血流が自然に回復して痛みが治まるのです。

でも安心してはいけません。

同じような運動をすると同じような発作が起こります。

狭心症発作が起きやすい季節や時間帯は、冬の寒い日や午前中などに多く起こる傾向があります。

暖かいところから急に寒いところに移動すると血管が収縮して血圧が高くなり、午前中は体を活発に動かそうと血圧が高くなりやすくなるため、心臓に負担がかかって狭心症発作が起こりやすくなります。

ただし、動脈硬化が進行して冠動脈が細くなると、季節や時間帯に関係なく発作が起こるようになります。

さらに動脈硬化が進行して、冠動脈が詰まりかかってくると、安静時にも狭心症の発作が起こるようになってきます。

発作の持続時間も長くなり、なかなか治まらなくなってきます。

夜間就寝中に発作で目が覚めるようになってくると心筋梗塞を起こす危険性があります。このような時はすぐに救急車で病院に向かうようにしましょう。

自家用車で病院に向かうのは危険です。


硝酸薬(ニトログリセリンやニトロール)の錠剤が特効薬で、
これを舌の下に含むと、遅くても3分以内に痛みは治まるので、狭心症の人はこの薬を携帯する必要があります。
スポンサーサイト

<<動脈硬化の食事療法動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆脳血管性痴呆>>

<<動脈硬化の食事療法動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆脳血管性痴呆>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。