動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > 動脈硬化を防ぐ食事は魚と肉を半々に

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 食事 > 動脈硬化を防ぐ食事は魚と肉を半々に

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化を防ぐ食事は魚と肉を半々に

動脈硬化の予防するのにコレステロールの値を適正に維持することが大事です。

そのために、特に肉と魚の摂り方のバランスが、1:1が好ましいようです。

魚と肉は、同じ動物性食品ですが、大きな違いがあります。

かつお100gと豚肩肉100gを比べると、かつおはたんぱく質を豚肉の2倍近く含み、反対に、豚肉は脂肪をかつおの10倍以上も含んでいます。

しかも、肉の脂肪はコレステロールを作りやすくしますが、 魚の脂肪はコレステロールを下げる作用があり、動脈硬化の予防になります。

しかし、肉は、健康に悪いわけではありません。

肉には、良質のたんぱく質が豊富に含まれ、鉄分やビタミンB2なども含んでいます。 スタミナをつけるには、肉はなくてはならない存在なのです。

特に豚肉は、脂肪やコレステロールも少なく、ビタミンB1をとても多く含んでいます。 ビタミンB1は、疲労回復を助けてくれます。

ただ、肉を食べ過ぎてはいけません。

毎日、脂肪分の多い肉を食べていては、肥満や高脂血症を起こしやすくなってしまいます。 脂肪が動脈に溜まって、血管を詰まらせ、心筋梗塞になる危険性もあります。 バランス良く魚と肉を食べるように心がけましょう。

魚も肉も、アミノ酸化の差はほとんどなく、たんぱく源としてはどちらも変わりません。 しかし、他の栄養に関しては、多くの違いがあります。

例えば、魚ばかり食べていると、EPAやDHAを過剰に摂取することになります。

そうすると、強く血小板凝集抑制作用を起こし、出血しやすくなる場合があります。

魚と肉を食べる比率は、1対1が理想的だと言われています。

それを基本として、コレステロール値の高い人は魚を多めに食べ、コレステロール値の低い人は肉類を多めに食べるようにすると良いです。

また、魚も肉も、さまざまな種類をバランス良く食べるようにしましょう。

スポンサーサイト

<<コレステロールと動脈硬化動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆閉塞性動脈硬化症>>

<<コレステロールと動脈硬化動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!動脈硬化が誘発する合併症☆閉塞性動脈硬化症>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。