動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > スポンサー広告 > 動脈硬化の原因は外食の塩分

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番! > 動脈硬化 食事 > 動脈硬化の原因は外食の塩分

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!

動脈硬化の原因は外食の塩分

食生活が豊かになるとともに外食や惣菜・弁当なども手軽でおいしいものがほんとに多くなりました。 でも、要注意。外食や惣菜は多くの人の味覚に「おいしい」と感じてもらうため、ちょっぴり濃いめの味付けになっています。 つまり、スーパーやコンビニなどで惣菜を買ってきたり、外食を繰り返したりすると、塩分の摂り過ぎになってしまうのです。 塩分の摂り過ぎは、高血圧となり、動脈硬化の原因となります。 自炊すれば、作る段階で塩分を控えることができますが、外食などの場合は、食べる際に、塩分を摂り過ぎないよいに工夫しましょう。 よく好んで食べるメニューに含まれる塩分を、カロリーブックなどで、事前に調べて頭の中に入れておきましょう。 1日どれくらい塩分を摂ったかを確認して、昼食に摂り過ぎていれば、夜食は控えるようにするなど、自分で管理しましょう。 積極的に、野菜や果物、海藻類を食べましょう。 これらには、カリウムを豊富に含んでおり、体内の余分な塩分を、体外へ排出してくれる働きがあります。 惣菜などを買ってきた場合、揚げ物に野菜を添えたり、果物をプラスしたりして、栄養バランスを考えましょう。 うどんやそば、ラーメンなどの麺類の汁を飲み干すと、塩分の摂り過ぎになってしまうので、汁は残しましょう。 どうしても飲みたい人は、わかめや野菜がたっぷり入ったメニューを選ぶようにしましょう。 アルコールを飲むときにも、注意が必要です。 お酒、特にビールは、塩分や油の多いものと相性がとても良いです。 塩分を気にしている人は、飲み過ぎないよう心がけましょう。 惣菜やお弁当に添付されているソースやしょうゆなどは、できるだけ使わないようにしましょう。 塩の代わりに、レモンやゆず、すだちなどを絞れば、香りと酸味が効いて、塩分が少なくても、おいしく食べられますよ。
スポンサーサイト

<<動脈硬化が誘発する合併症☆腎硬化症動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!コレステロール、中性脂肪を下げる特効法101>>

<<動脈硬化が誘発する合併症☆腎硬化症動脈硬化の予防と改善☆健康が1番!コレステロール、中性脂肪を下げる特効法101>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。